RIGHT STUFF sound distribution

TOP  | About  | Discography  | Sound  | Diary  | Link  | Contact  | Order  | Log
Home > Diary > 夢@Tosh

2009年01月11日

夢@Tosh

今日ヘンな夢を見ました.
DTMをやっている人ならご存知であろう,access社のシンセサイザー「Virus TI Polar」.
あの高級シンセサイザーをいじる夢を見ましたw
自分はそんなにあのシンセが欲しいのでしょうか?w
いや,欲しいんですけども,買うならDesktopのバージョンかなと思っていたので意外です.
なぜPolarではダメなのかと言うと37鍵盤だから…と思っていました.

今自分で使用しているマスターキーボードはKORGのKONTROL 49です.
その名の通り鍵盤数は49.
(ちなみにエンコーダーやスライダーの一部,何個か壊れています…orz)
それよりも以前は中途半端な32鍵のキーボードを使っていたので,
KONTROL 49に乗り換えたら作曲がすごいスムーズになりました.
49買った当時,親には「こんなものばっかり買いやがって」と叱られましたがw
そのときにヘンな認識が生まれ,
「鍵盤数が多いとそれがデフォルトになり,それ以下の鍵盤数のキーボードは使えなくなる」
…こんな状態になるんじゃないかと思っていました.
ウチのリーダー烏もそうですが,例えばモニターであるディスプレイ.
今烏は17インチ液晶を2枚横長デュアルで使用しているのですが,
もう1枚には戻れないと言っていました.
つまり,環境が良くなると前の状態に戻りづらいんじゃないかと思うのです.
ようやくPolarの話に戻ると,Virus TI Polarの鍵盤数は37.
もう部屋に機材を置くスペースが殆ど無いので,マスターキボードをPolarに替えたりすると,
鍵盤数だけで比較するなら「KONTROL 49 > Virus TI Polar」となる訳です.

まぁ見た目はPolarすっごく格好良いんですけどねw
やっぱり気になって夢に出てきたんでしょうかw
そして夢の中で37鍵盤の使用効率を確かめる自分.

Tosh「だって37鍵でしょ~?足りないんじゃないの?w」

ちょっと待て,お前は夢の中で誰に話しかけているんだw
そして,適当に音を鳴らして確認.
あれ?意外に37鍵でもそんなに不自由しない…?
夢の中でちょっと心がゆらぐ自分w
そんな夢の断片を見て,今ちょっとKONTROL 49のうち37鍵だけを見て触ってみました.
確かにそんなに不自由はしないのかもと感じました.

ただ同時に気付いたのが49鍵の良さです.
大体自分が作曲するときによく使う音程はC1~B4(C5).
つまりちょうど4オクターブですね.
ベースの音を確認するときにはC1~B1あたりを打鍵することが多いですし,
メインのリードとかを打ち込むときはC3~B4あたりを打鍵することもしばしば.
4オクターブ分の鍵盤があると,いちいちオクターブシフトボタンを押さなくて良いんです.
ボタンを押す煩わしさって結構響くんですよね,個人的にはw
ただ61鍵はちょっと多すぎかも…

でもこんな動画見たら欲しくなりますよね~w
Access Virus TI Atomizer - Remix Hotel Miami 08
いや,そもそもお金ないから買えないんですけどもw


RIGHT STUFF sound distribution 最近の更新
RIGHT STUFF sound distribution